■株式投資の仕組みを知っておきましょう

「株式投資」と聞いても全く想像がつかない方でも「株式会社」という言葉は聞いたことがあると思います。
実際に株式会社で働いている方は多いでしょうし、働いていなくとも株式会社という言葉を目にしたことはあるのではないでしょうか。
ここで知ってほしいのは「株式」という言葉の意味です。

例えば、自分が起業すると決心した際に一番最初にやらなくてはいけないことは資金集めになります。
銀行でお金を借りる、友人、もしくは不特定多数の人からお金を借りるなど。
資金集めには色々な方法があります。

ここで注目するのは「不特定多数の人」から資金集めをすることです。
自分のことを知らない人がお金を貸してくれるのか、、、そこを貸してくれるシステムにしたのが株式というものです。

自分のことを知らない人(投資家)がお金を貸すメリットとして「株券」を発行します。
お金を貸してもらった証明書として株券を発行し、会社の業績が伸びれば、その利益の一部を投資家に配当するというシステムです。
投資家は株券をもらえば株主になり、その企業の資産の一部を所有していることになります。

投資家が企業に自分の資産を投資し、購入額よりも株価が上がった差額分が利益になる。

この仕組みが株式投資になります。